So-net無料ブログ作成
検索選択

春の谷津干潟(2017年) [写真]

1か月ぶりに谷津干潟に行ってきました。

今日は4月下旬並みの陽気とのことで、保護センターでレンジャーさんにお話しを聞いたあと、カメラ持って谷内干潟の遊歩道をゆっくり1周。約3キロで、ランニングの人もいっぱいいましたが、ちょうどいい感じですね。

保護センターでは、1か月前たくさん淡水池やテラス前で日向ぼっこしていたカモ達がほとんどいません。レンジャーにもう渡っていったのか聞くと、昨日ノスリにハヤブサが出現し、すっかりカモが散ってしまったとのこと。ただ、そろそろ渡りに入りつつあるそうです。

DSC_4857_R.jpg

遊歩道を歩いていくとヒドリガモの群れ。

 DSC_4884_R.jpg 

飛び立ったユリカモメ(たぶん)

DSC_4888_R.jpg 

セイタカシギの1本足打法。1か月前は3羽でしたが、今日は7羽確認しました。

DSC_4893_R.jpg 

DSC_4903_R.jpg 

餌をとっているようです。

DSC_4927_R.jpg 

多かったのはオオバン。狙いを定めて…

DSC_4928_R.jpg 

DSC_4929_R.jpg

DSC_4930_R.jpg 

潜っていきます。

DSC_4953_R.jpg 

これはスズカモかな。河口あたりでよく見るカモです。おいしくないらしい。

DSC_4962_R.jpg 

飛び立ちます。

DSC_4966_R.jpg

結構大きなコイを何匹も見ました。

DSC_4990_R.jpg

ハクセキレイが飛び立つところ。

珍しいものは発見できませんでしたが、いいお散歩でした。 


沖縄 ホエールウオッチング [写真]

久々の出張那覇に行ってきました。

木、金の仕事だったので、土曜日はちょっと観光を(笑)

南北大東島とか波照間とかが頭をよぎったのですが、それはプライベートの時に行くことにして、一度行ってみたかったホエールウオッチングへ。

沖縄では、12月下旬から4月上旬ごろまでザトウクジラが回遊してくるようです。

那覇からは4千円前後で約3時間のホエールウオッチングツアーが組まれています。

今回利用したのは、サウスTOサウスさん。定員25名の比較的少人数なので、あんまり人込みの後ろからみなければならないことがありません。

ホテルまで迎えに来ていただいて、9時半出船です。この日は快晴ベタ凪の最高のコンデションでした。

 DSC_4145_R.jpg 

港からわずか10分で母子のクジラ発見。こちらでは最初にクジラを見つけたところから優先権があるとのことですが、そのうち順番が回ってきます。最初は遠目から…丸太ん棒がうかんでいるみたい。

DSC_4235_R.jpg

母クジラを背後から。潜水艦みたいです。

DSC_4364_R.jpg

子クジラのブロー。子クジラはやっぱりブローの間隔が短いように感じました。

DSC_4380_R.jpg

沖を米軍の高速輸送船が通っていきます。この波でクジラが反応してくれればと船長が言っていましたが、特段の動きは見られず。この日はコンディションがよすぎてクジラもノンビリムードのようです。

DSC_4393_R.jpg

子クジラの尾びれ。

DSC_4541_R.jpg

順番が回ってきて、クジラに近づきます。子クジラの尾びれが見えます。

DSC_4547_R.jpg

DSC_4549_R.jpg

船からほんの数メートルのところです。

DSC_4649_R.jpg

 

DSC_4689_R.jpg

DSC_4660_R.jpg 

母クジラの横を子クジラが泳いています。

最後は…

DSC_4783_R.jpg 

DSC_4784_R.jpg 

DSC_4785_R.jpg 

母クジラのブローから

DSC_4787_R.jpg

DSC_4790_R.jpg

DSC_4792_R.jpg 

と潜っていきました。

船長の話では、今年はクジラの数が少なく、ブリーチングなどの派手なシーンはなかなか見られないそうです。いつか、いい時にもう一度行ってみたいですね。

レンズは最初遠い時は200-500ズームを使いましたが、後半は24-120の標準ズームで十分。特に真横に来たときは24ミリでも入りきらないくらいでした。

 

 


物欲大王降臨? [写真]

久しぶりに写真機材が増えました(^^;

富士フィルムのXT-10というカメラの18-55レンズキットです。実は、年末に娘の付き添い?でイタリアに行くことになり、手持ちのニコンⅮ750ではちょっと大きすぎ、パナG6では、室内など暗いところではノイズと暗部のつぶれ感が大きいこともあり、発色のよさなどから評判がよく以前から気になっていた富士フィルムのカメラを購入してみることにしました。

富士フィルムにもいくつか商品があり、上のクラスのカメラは最近2400万画素クラスのCMOSを積んでフルモデルチェンジしており、値段もボディーだけで20万円近くするのでとても手がでません。しかし、おかげで1600万画素クラスのボディーが比較的リーズナブルな値段で中古が出回ってきており、これらを物色していたところ、たまたまアマゾンの格安アウトレット品を見つけ入手しました。

P1050557.JPG

汚い背景で恐縮ですが、大きさは私が高校時代に使っていたニコンFMより一回り小さいくらいです。

P1050558.JPG

上からみると、ボディーの厚さも同じくらいです。なので、馴染んたカメラの間隔がよみがえるようです。また、シャッタースピードなど目視しながら操作できるのはフィルム時代からの人間にはありがたいです。

P1050559.JPG

愛用のニコンD750はFX版のデジカメとしてはコンパクトなほうだと思いますが、こうして並べると巨大です。受光部の大きさはフィルムカメラ時代と同じでも、フィルムのようにCMOSを薄くすることは困難でしょうし、最近のカメラには背面液晶も必須でしょう。なので、フィルム時代並みに厚みを減らすのは困難だと思います。また、フィルム時代に比べてはるかに高いレンズ性能も求められるので、レンズも大型化する一方です。そうした中で、フィルム時代と同じ焦点距離で同じ画角であることを求めてAPS-CサイズのニコンD7000を整理してFX版一本にしました。しかしFXは重いうえにレンズが高いです。富士はFXサイズには進出しないようなことを声明しており、ニコンやキャノンにはあまりそろっていないAPS-C用の単焦点レンズもそろっています、そういうことから、改めてAPS-Cといった時に、ニコンではなく、フジにしてみたものです。もっとも、ここでさらにレンズ沼にはまっては大変なことになるので、ほどほどにしたいところです。

DSCF4028.JPG

関西出張の帰りにちょっと嵐山方面へ。時間もないので、駅から渡月橋あたりまで急いで回っただけですが。

JPEG撮って出し、フィルムシミュレーション「ベルビア」です。さすがくっきり鮮やか系(^-^)

DSCF4050.JPG

偏光フィルターの効果確認や、露出補正の効果などを電子ファインダーで確認するのはとても見やすかったです。

DSCF4075.JPG

キットレンズの手振れ補正効果も高いようでした。

DSCF4065.JPG

なかなかたのしめそうです。


ゆる鉄撮影会 [写真]

大人の休日倶楽部のイベントで、写真家中井精也氏の指導を受けられるイベントに当選しました。

中井氏は「ゆる鉄」写真家として有名な方で、私は数年前江ノ電に乗車した時たまたま向かいにお座りになっていたのを拝見したことがあります。

P1050462.JPG

物井駅の集合場所にて。先生からは、「私の顏は著作権フリーです」といっていただいたので、遠慮なく(笑)

DSC_2343.JPG

物井駅から15分くらい歩いて撮影ポイントへ。ここは関東の鉄ポイントでは有名なところらしいです。

「日の丸構図を避ける」「今日は空がいいので、なるべく広くとる」などワンポイントアドバイスをいただきながら撮っていきます。

DSC_2205.JPG

DSC_2271.JPG

久々の鉄撮影でしたが、なかなか楽しかったです。


すっかり秋ですね [写真]

かつては3年連続100か所制覇していたケータイ国盗り合戦も昨年途切れてからは、無理に頑張らず、スポット制覇を口実?に旅を楽しめるようになったような気がします。とはいえ、子供が巣立って、経済的に余裕がでてくれば、また頑張りたいものですね。

ちょっと前ですが、9月10日に青春18きっぷを使って大井鉄道に行ってきました。これは、夏の陣のスポット「神尾駅」を制圧するためです。実は、18きっぷの期限を勝手に次の3連休と思い込んでいて、今年も2日分残してしまいました。

 P1050248.JPG

着くまでは、「神尾駅」まで行って折り返すつもりだったが、「SL乗れますよ」と聞いてつい指定席を買ってしまった。

P1050249.JPG

これがこれから引っ張ってもらうC11です。

P1050256.JPG

これから乗り込む客車。はっきり言って、高校時代北陸本線で通学に使っていたアレそのものです(笑)

あのころは、都会で走っているような「電車」にあこがれたんだけどね。

P1050259.JPG

中も…鉄分の多い人なら喜ぶんだろうけど。高校時代は、少しでもきれいな車両を選んでいた。まあ、これはあのころならパスの車両だな(笑)扇風機も動くのかと思ったけど、後でみたらちゃんと動いていた。

P1050287.JPG

乗っている分には、高校時代に電気機関車にひかれていくのと変わらない。最後尾の車両であったためか、トンネルの中もあまり煙たくない。大きくカーブを曲がるところでSLをとらえたかったのだが、あまりカーブがない。グーグルマップを見ながら「ここだ!」と思ったところではなんとカメラの設定が大幅に露出アンダーに、なっていて真っ黒な写真が(涙)いまだパナの操作系になれないのだった。

P1050296.JPG

終点の千頭では、トーマス祭り。

18きっぷ消化旅だったけどなかなかたのしかった。

P1050308.JPG

続いて、リオオリンピック凱旋パレード。会社近辺をとおるので弁当を買うついでに

P1050329.JPG

P1050340.JPG

P1050353.JPG 

P1050361.JPG 

P1050421.JPG

最近のアスリートはモデルかと思う人も多いですね(≧▽≦)


夏のダイジェスト(^^;) [写真]

9月24日

すっかりご無沙汰になってしまいました。どうも一旦とぎれるとネタもたまっていくので、なかなか回復が難しいです。

で、6月から9月まで一挙ダイジェスト(笑)

DSC_0233.jpg

まずは、6月5日に出走したJAL千歳マラソン。肝機能障害リバウンドもあって、昨年はほとんど練習できず、体重が80キロを超える事態となってしまいました。その後、4月から減量と自転車、ランと練習を再開してきたのですが、出走時の体重は依然80キロを切る程度と過去最高体重でのフルマラソンでした。制限時間は6時間と余裕があると思っていたのですが、途中37キロ地点であと3分でタイムアップと冷汗。結局5時間45分とワーストタイムでしたがなんとか完走はできました。これで通算9回目のフルマラソン完走です。

DSC_1504.JPG

DSC_1538.JPG

まあ、どうでもいいけど日本橋で金魚をみてきました。一匹一匹は安い金魚がほとんどなんでしょうが、こういう展示もあるのだなという感じです・

P1050203.JPG

P1050188.JPG

P1050179.JPG

続いては、宮崎出張後の土日で回った九州、山口。佐世保ではたまたま護衛艦の乗船解放をしていたので乗ってみました。ミサイル艇のようですね。その後、山口、萩方面へ国盗り仲間とレンタカーで。見島は本州とは思えないエメラルドグリーンの海です。

DSC_1604.JPG

DSC_1642.JPG

DSC_1644.JPG

DSC_1651.JPG

そして、夏定例イベント北海道マラソンへ。6月の千歳マラソンでフルを走れることは確認できたのだけど、5時間は厳しそうということも気づいていました。それでも8月上旬までは練習を積んでいたのですが、夏風邪を引いてしまい、2週間にわたって練習できず、これが致命傷になったようです。はい、今年は28.2キロの関門で強制リタイヤ(*_*) 有森さんごめんなさい。

写真は、国盗りスポットということもあって泊ったニセコ近くの「昆布」駅と2年振りの余市ニッカウイスキー工場、余市川。

その翌週は、会社の仲間と八丈島へ。なんとライセンスをとってから30年振りのダイビングです。

DSC_1663.JPG

行きはフェリー、帰りは飛行機にしました。22時過ぎに出船となり、夜景がきれいです。

DSC_1727.JPG

これは八丈島の港の朝。すぐそこがダイビングスポットです。

P9030011.JPG

リフレッシュという名のマンツーマンでの実質体験ダイブでした。ダイブショップの方には大変お世話になりました。

P9030050.JPG

カンパチとツムブリの群れに遭遇

P9030115.JPG

P9030120.JPG

海底には大きなアーチがあります。

P9030135.JPG

大きなアオウミガメ!

DSC_1749.JPG

DSC_1818.JPG

景色も大変きれいでした。


春の谷津干潟 [写真]

最近これしかないのかというくらい谷津干潟です(笑)

この3連休一度くらい釣りに行きたかったのだけど、予報があまりよくなく、この時期あまり修行はしたくない。

で、近場の楽しみ

まず観察小屋にいきましたが、干潮のせいもあるのでしょうか。すっかり淡水池は寂しい状態。

DSC_0001_R.jpg

コガモかな?ひなたぼっこ中。で、干潟のほうへいってみました。

DSC_0013_R.jpg

河津桜にとまるヒヨドリ。メジロとかなら…いや自然相手ですから。

DSC_0035_R.jpg

蜜をついばんでいるのかな。

DSC_0037_R.jpg

トリミングしてみました。結構シャープな写りだと思います。

DSC_0054_R.jpg

これはアオサギ…でしょうか。

DSC_0075_R.jpg

杭にたつ鵜。海か川かはわかりません。

DSC_0118_R.jpg

DSC_0120_R.jpg

DSC_0123_R.jpg

目の前でカモの群れが一斉に飛び立って、あわててシャッターを切りました。

DSC_0145_R.jpg

今日の課題はこの鳥の名前を調べることです。


谷津干潟 [写真]

また谷津干潟に行ってきました。

DSC_0013_R.jpg

観察所にはいると、まわりの人が指さしているので、撮ってみました。さらに、等倍近くにトリミング

あとで聞いたら「ハイタカ」だそうです。木の陰にとまっているのですが、いわれなければさっぱりわかりません。

今回は、センターにはじめて入りました。家から近いし、いろいろ楽しめそうなので「年パス」購入。といっても2000円もしません。しかも、購入者には併設カフェデザートセット付き(^^♪

DSC_0021_R.jpg

こんなのどかな風景好きです。これは、センタ-1階から撮りました。フィールドスコープもたくさんおいてあって、手ぶらでもOK。

DSC_0025_R.jpg

DSC_0040_R.jpg

DSC_0078_R.jpg

カモにもいろいり種類があるのですね。レンジャーの方に聞いたのだけど忘れてしまった。カワセミは2月に入って姿を現さなくなったそうです。今年は3羽の個体がいたとのこと。春~秋の間はどこにいるのかわからないそうです。残念。


谷津干潟再訪と猛禽類カフェ [写真]

11月28日

天気がいいので、また谷津干潟にでかけました。

DSC_2310_R.jpg

しばらく待つと、ヨシにとまるカワセミ君。

DSC_2322_R.jpg

手前の杭にとまりましたが、この時間日陰なんですね。

DSC_2356_R.jpg

これはオナガでしょうか。鳥類図鑑が欲しくなってきました。

DSC_2373_R.jpg

サギの捕食シーン

DSC_2374_R.jpg

DSC_2375_R.jpg

DSC_2376_R.jpg

失敗したようです。

DSC_2395_R.jpg

これは、キンクロハラジロ?スズガモ?それとも全然違う…(汗)

DSC_2460_R.jpg

ウミウ…じゃないかな(^^;

DSC_2509_R.jpg

DSC_2568_R.jpg

DSC_2570_R.jpg

DSC_2573_R.jpg

今回は、シャッター速度を1000分の1以上にしたので、歩留まりはあがりました。しかし、横に飛ぶのはピントが合いやすいのですが、手前や奥に飛ぶとお手上げですね。うまい人は予測して「置きピン」しているのでしょうけど。

DSC_2517_R.jpg

水面に映っているところがお気に入りです。

翌29日は、知人の出演するコンサート浅草であったので、終了後スカイツリー近くの猛禽類カフェ「鷹の目」さんに行ってきました。ここは、国盗りの「クニフダ」がもらえるお店でもあります。

DSC_2676_R.jpg

ラブリーなメンフクロウ

DSC_2681_R.jpg

変顔?

DSC_2682_R.jpg

こんなにかっこいいのです。

DSC_2707_R.jpg

そばで飛んでいると大迫力。しかし、近すぎて90%がピンボケであることは秘密です(笑)

DSC_2716_R.jpg

着地…オレの場所に留まるんじゃない!

DSC_2811_R.jpg

腕に鷹を止めて、頭の上に1羽なんてやってもらいました。ここは、猛禽類に触ってみたい人にはおすすめです。写真だけや外から眺めているだけでもOK。


谷津干潟にて [写真]

秋の思い出すっとばして冬の思い出に行くところでした(汗)

このところ、放送大学の修論作成に土日は基本図書館か家で…尤も、1行書いてはコーヒー入れたりお菓子食べたりで、駄目人間丸出しだったのですが、ようやくとりあえず書き上げたので、久々お散歩に。

無事修了できたら、自分へのご褒美と思っていたレンズが、たまたま寄ったお店で、「在庫?あるよ」って言われて思わず…こういうこといだけは早いのです。5か月待ちとかっていわれていたものですから。

で、鳥撮り挑戦に谷津干潟へ。

DSC_2048_R.jpg

観察小屋から覗くと、人生初カワセミ!ちょっとトリミングしましたが、優秀なレンズです。

DSC_2023_R.jpg

DSC_2025_R.jpg

飛んでるところは…なんとか見られるのはこれぐらい。伸ばすとブレているのははっきり(´・ω・`)

始めてだったので、また修行します。この日はオオタカもいたらしい。

DSC_2142_R.jpg

図鑑を見たらオオバンっぽいかなと思ったのだけど。タウナギのようなものを食べてます。

DSC_2143_R.jpg

でかすぎて呑み込めず落としたみたい。

DSC_2174_R.jpg

干潟にはサギですね。これ以上のことはわかりません(笑)

近くなので、また行ってみようと思います。


メッセージを送る