So-net無料ブログ作成

イタリア旅行 その3 フィレンツェ、ローマ [旅行]

ようやくたどりつきました第3弾(笑)

ヴェネツィア から約3時間。フィレンツェには夕方4時過ぎに到着しました。

今回宿泊のザ スタイル フローレンスは駅から1分の超近で、設備や朝食もよかったです。ただ、ミラノやローマと違って町自体はそんなに広くなく主要なところは徒歩で回れるので、もう少し街中で泊まってみてもよかったかもしれません。ただ、駅には飲み物やテイクアウトの食事などが手に入りやすいので、その点ではよかったかもしれません。

DSCF4605.JPG

DSCF4614.JPG

DSCF4618.JPG

DSCF4621.JPG

とりあえず、駅前からドォーモのあたりまで散歩してみました。なんかお祭りのような人出です。

DSCF4628.JPG 

 

DSCF4632.JPG 

翌日から町を回ってみることにしたのですが、その日は月曜日!多くの美術館や博物館が閉まっていることは覚悟していたのですが、クリスマスも重なり最悪の状況。

DSCF4678.JPG

なんとかあいてた「ダンテ博物館」

DSCF4656.JPG 

DSCF4664.JPG 

しょうがないので町中散歩。観光客向けの土産店などは空いているのですが、行くつもりだった皮製品のお店は休みでした。市場などで掘り出し物を見つけることもあるらしいのですが、私のように眼力がない人間はやっぱり日本人の推薦があるお店が安心です。妻へのハンドバックと娘のカバンを買った(買わされた!)のですが、やはりいい買い物ができたと思います。

DSCF4691.JPG 

DSCF4692.JPG 

DSCF4693.JPG

DSCF4695.JPG 

せめて、夕食はちゃんとレストランで名物ビステッカを…と思って、ネットで調べていったら、なんと泊まっているホテルと同じ建物でした(笑)

肉が2人分1.5キロ以上もあって、ハウスワインもおいしく、それでも2人で70ユーロだったのでイタリアにきて初めてリーズナブルな食事だと思いました。

DSCF4717.JPG

DSCF4783.JPG

DSCF4804.JPGDSCF4862.JPG

次の日は午前中に予約のウフィッツィ 美術館へ。やっぱりすごいとしかいいようがありませんね。ただ、娘は目当てのカラバッジョが思ったより少なくちょっとがっかりしたらしい。

で、昨日はいれなかったサンタクローチェ大聖堂、ボーボり庭園なども回って、その後目当ての皮製品のお店とハードな一日になりました。ボーボリ庭園などはもう少しゆっくりしていたかったですが。

で、18時すぎのローマ行き特急で。フィレンツェ →ローマは1時間に2,3本特急がでているので、ローマから日帰り観光にしても結構たのしめると思いました。

DSCF4873.JPG

で、最後はローマ。2泊なのですが、1日目はフィレンツェから7時過ぎ到着なので、ご飯(テイクアウト)でおしまい。3日目は午後1時の飛行機なので、朝ホテルで少々ゆっくりできる程度。ということで、ローマ観光は実質1日のみ。

ローマはさすがに治安がよくないところもあるようなので、本来地下鉄や路線バスのほうが安くて速いのでしょうが、今回は2階がオープンになっている観光バスの1日チケットを買いました。都内でも赤い奴を見かけますが、ああいうやつです。ちょっと寒いけど、イヤホンで観光案内も日本語で聞けるし、8か所ぐらい停留所があって、自分の行きたいところの近くで降ります。時間もないこともあって、バス観光もなかなかよかったです。

DSCF4876.JPG 

 

DSCF4912.JPG

あれですね。ヴァチカン博物館に早く行きたかったので、今回は車上観光。

DSCF4952.JPG

DSCF4954.JPG

DSCF4957.JPG 

DSCF4968.JPG 

博物館は「スキップ」チケットを買いました。これは、ディズニーランドのファストパスを金で買うようなものです。まともにならぶと2時間くらいかかりそうだし、早く行くと一般の人が入る前に入れてもらえるらしいともききました。時間がない時はケチらず買ったほうがいいと思います。

DSCF4984.JPG

DSCF4992.JPG 

まあ、やっぱりこんな感じですが。システナ礼拝堂は写真撮影が許されておらず、静粛にと言われますが、言っている係員の声が一番うるさいような。

DSCF5040.JPG 

DSCF5052.JPGDSCF5061.JPG

定番、トレビの泉とスペイン 広場

このあと、コンサート予約サイトで見つけたいくつかのアリアを演奏し、そのあと食事がついているというコンサートに行ってきました。場所もホテルから100メートルくらいのところで、いいもの見つけたと思っていたのですが、30分前に行くと、食事のチケットを作ってくれて、開演5分前にもう一度来いといいます。で、5分前に行くと、ほかに客らしき人はおらず、前でチラシを撒き始めます(笑)

結局ドイツ人の家族他観客15人ぐらいで始まりました。

ところが…プログラムの半分くらい違ってます(笑) いや、急に変更もあると書いてあるけど、半分は違いすぎでしょ。たぶん、突然本来の出演者がこれなくなって、エキストラで回したのでしょう。まあ、そういうこともあるのだなといい体験でした。セットの食事は近くのレストランでしたが、なかなかおいしかったです。

DSCF5087.JPG

DSCF5088.JPG 

で、翌日は帰国の日。ルフトハンザでローマからフランクフルト、フランクフルトからANAで羽田です。今回は正当に?プレミアムエコノミーにチェックイン時に変更できました。もちろんビジネスに比べれば快適さは違いますが、プレミアムエコノミーなら十分だと思います。ルフトハンザのラウンジはなかなか快適でした。

 

ということで、めずらしく3回連載がんばりました(笑)

今度行くことがあれば、ヴェネツィアにはもう少しゆっくりしたいのと、ちゃんと大人の旅行がしたいです(笑) 

 


イタリア旅行 その2 ヴェネツィア [旅行]

連載もの?なので、間をあけずに と思っていたのですが、「ノロとその仲間たち」にかかって腹痛で寝込んだりして、なかなか着手できませんでした(*_*)

さて、ミラノに3泊し、次は列車で水の都ヴェネツィアに向かいます。 

DSCF4327.JPG 

DSCF4330.JPG 

DSCF4331.JPG

イタリアの新幹線っぽい奴(笑) しかし、動力は分散しておらず、強力な機関車が引っ張るようです。イタリア国鉄のチケットは事前に日本から(日本語で)スマホでも購入できます。渡航の2,3か月前ぐらいなら、飛行機の特割のようにずいぶん安く買えますが、旅行の予定を綿密に立ててないこともあって、現地で購入しました。有人窓口は結構混んでいることが多いのですが、自動機もたくさんあって、切符の購入はそれほど難しくありません。

DSCF4334.JPG 

 ここで失敗は、どうせラテンの奴らはぎりぎりに乗ってくるだろうから、10分も前に行けばいいだろうと思ったことです。列車に乗り込むとすでにいっぱい。指定席だから座るのは問題ないけど、スーツケースを入れる棚がすでにいっぱい。一個は隙間を見つけてスースケース置き場に収納しましたが、もう1個はなんとか上の棚にあげようと奮闘していたら、背の高いイケメン青年が手伝ってくれました。彼はヴェネツィアのカジノに行くそうです。

 DSCF4343.JPG

 

ヴェネツィアへの玄関口 ヴェネツィアサンタルチア駅です。11時頃到着しました。早速明日のフィレンツェ行きの切符を手配し、とりあえずホテルのあるサンマルコ広場を目指します。

DSCF4362.JPG 

ヴェネツィア本島にはバスなど陸の乗りものはないので、水上バス、水上タクシー、ゴンドラ徒歩が移動手段になります。広くはないので、徒歩でも十分いけるとは思うのですが、狭く入り組んだ路地は、方向音痴の私には厳しいものがあります。水上タクシーが一番便利なんでしょうが高そうです。水上バスは24時間20ユーロでした。

DSCF4372.JPG

ゴンドラ通行可という標識でしょうか

DSCF4515.JPG 

今回はサンマルコ広場近くの「ベッラ ヴェネツィア」というホテルに泊まりました。いいホテルでリアルト橋、サンマルコ広場の中間点ぐらいなのですが、路地にあるので私には厳しかったです。

DSCF4519.JPG 

DSCF4526.JPG

DSCF4543.JPG 

 DSCF4510.JPG

サンマルコ広場周辺を散歩。まあ、どこをとっても絵になる街です。

DSCF4439.JPG

DSCF4492.JPG

DSCF4494.JPG

夕陽から夜景にかわる頃。リアルト橋付近です。夜になるとこのあたりの路地は夜店状態になります。ウィンドウを眺めつつ、娘が欲しかった「羽ぺん」と「仮面」を購入して帰りました。気を付けなければならないのは、人にもよるのでしょうが、基本このあたりの人は、買うつもりもないのに店に入ってあれこれ見るのを嫌います。また、買うつもりでも、勝手に商品を触ることを嫌いますので、見せてほしい場合は店の人にちゃんとつたえる必要があります。私は基本買い物でコミュニケーションするのが苦手なので、ほとんど買いませんでした。

DSCF4509.JPG

DSCF4552.JPG

 翌朝、ちょっと本島から離れてみたく、一番手っ取り早いサンマルコ広場向かいに横たわるリド島に行ってみました。水上バスの幹線にあたるサンタルチア駅→サンマルコ広場の路線の終着なので、水上バスの本数も多く、気軽に行けます。

 

 DSCF4561.JPG

こちらの島にはバスが走って、普通の町です。ホテルも結構あって、後で調べると本島の半額くらいらしいです。水上バスを駆使すれば、サンマルコ広場も10分少々で着くので、長期滞在ならこちらに泊まって通うのもありと思いました。

DSCF4569.JPG

10分も歩くとヴェネツィアと反対側の海に出ます。なんのことはない季節はずれの海水浴場ですが、ここはアドリア海。一度見て、触ってみたかった(笑) 紅の豚…

DSCF4588.JPG 

そうこうするうち列車の時間も近くなってきたので、荷物を預けたホテルに戻って…迷子になりました(泣) これでロスタイム30分。

水上バス乗り場に行くと、目の前で…

乗った水上バスは各駅停車…結局駅についたのは発車の3分ほど前でした。こんな時のためにフレックスのチケットにはしているのだけど、水上バスは予想以上に時間がかかる場合があるので要注意でした。

DSCF4598.JPG

で、なんとかフィレンツェ行きに飛び乗り…これはガラガラでした。

次に続く?

 


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イタリア旅行 その1 ミラノまで [旅行]

あけましておめでとうございます。といって、もう9日なのだけど(>_<)

なおかつ、ネタが昨年のものということなのですが、帰国→正月ということで、3連休最終日にいたってしまいました(*_*)ご容赦くださいませ。

 昨年、12月21日から30日まで娘とイタリア旅行に行ってきました。娘は声楽専攻の大学3年生なので、一度バックグラウンドを感じるためにもイタリアへ行ってこいとはつねづね言っており、往復の航空券は「マイル」で(せこい!)出してやると偉そうに言っていたのですが、同行者見つからず、お鉢が廻ってきてしまいました。まあ、娘と旅行などたぶんこれが最初で最後でしょうから。

ということで、なるべく安く、とはいえ欧州方面はいろいろ不安も多い時期ではあるので、航空機とホテルは極力安心できるレベルにしょうと思いプラニングしました。今はJTBやHISのホームページで格安エアチケットとホテルの予約が可能です。しかし、イタリアなど一度も行ったことがない(正確には約20年前の新婚旅行でアリタリアのローマトランジットで一泊したことはあるが)ので、シミュレーション結果を頭にいれつつ、最後はHISの店頭で相談させていただいた。結果としては、すべて気持ちいいホテルだったので、多少の手数料がかかってもよかったと思います。

DSCF4084.JPG

ということで、行きはANA成田発プリュッセル行、ブルッセル→ミラノで。現在イタリアへの直行便はアリタリアしかありません。もちろん直行便のほうが楽で速いのですが、航空会社は多少徳を積んでいたほうがなにかと気持ちよく旅ができるので、今回はスターアライアンスチームにしました。

ということで、初の国際線ラウンジ。軽食や麺類などもあり快適ですね。11時の便なので、抑え目にします。

DSCF4097.JPG

早速徳を積んだ効果か(笑)

エコノミーが満席とのことで、娘ともどもビジネスにしていただいてました。あくまでもラッキーなので、有難くすわらせていただきました。長いヨーロッパへのプライトも快適でしたね。

DSCF4098.JPG

DSCF4099.JPG

食事もワインもとてもおいしかったです。

DSCF4102.JPG

夜食にいただいたお好み焼き。

DSCF4105.JPG

着陸2時間前に出された軽い食事。もうブロイラー状態でした。ブルッセル行きは787だったので、長いプライトにもかかわらず喉がカラカラになることもなく快適でした。

DSCF4110.JPG

で、ブルッセル空港。ミラノ行まで3時間待ちです。入国で前にいた2人組の方はミラノ行の一つ前の便だったのですが、若干到着が遅れたこともあって、結構ぎりぎりのようでした。うちは慣れていないので、このくらい時間があってよかったと思いました。

DSCF4122.JPG

ミラノで今回宿泊のスターホテルアンダーソン。チェーンのようですが、朝食もおいしく気持ちのいいホテルでした。ブリュッセルからの飛行機が約1時間遅れたため、到着が12時近くになってしまい、駅近じゃなかたらやばかったです。

DSCF4126.JPG

DSCF4139.JPG

翌朝、とりあえず大聖堂へ。地下鉄は頻繁に使いそうなので48時間乗り放題切符を買いました。便利なのだけど、時々反応しないことがあって、のちに結構困りました。

DSCF4128.JPG

クリスマスの時期なので大きなツリーがあります。

DSCF4145.JPG

側面から。朝はちょっと霧がかかっていたのですが、晴れてきたようです。

DSCF4164.JPG

DSCF4187.JPG

切符を買って中に入ります。切符はいくつか種類があって、大聖堂に入るだけなら2ユーロ50セント(だったかな)今回、屋根へエレベータで上がれる切符を買いました。

DSCF4195.JPG

まわりでは、クリスマスマーケットをやっています。

DSCF4207.JPG

DSCF4209.JPG

DSCF4211.JPG

DSCF4214.JPG

結構いいながめでした。

DSCF4239.JPG

で、翌日チケットを取っているスカラ座の下見。

DSCF4240.JPG

明日は「蝶々夫人」です。

DSCF4251.JPG

町を歩いていると「ファッツオリ」のショールームがありました。このピアノは現在住んでいる幕張ベイタウンのホールに設置されているピアノで、日本でもそれほど多くないと聞いています。寄ってみればよかった。

DSCF4252.JPG

こちらは、ミラノ音楽院のようです。

DSCF4262.JPG

DSCF4266.JPG

夜は「最後の晩餐」を見に行きました。こちらは予約制で保護のため入場者数も限られているため、日本から代理店を経由して予約していきました。まあ、ざっと3倍くらいかかりますが、ぜひとも見たいというのであればそちらがおすすめです。私たちが行ったときも「last dinner」のチケット求むというバックパッカーがいましたが、ちょっと入手は困難でしょう。

DSCF4267.JPG

フラッシュを焚かなければ撮影できるようです。ただ、これは私たちの監視員が黙認していたのか、そういう制度なのかはわかりません。

DSCF4276.JPG

翌日、ミラノ到着3日目は、まずカーサ ベルディーへ。ここは、ベルディーのお墓があり、音楽家の養老院みたいなところらしいです。はいれるのは一流の方だけなんでしょうね。行ったときもピアノの練習が聞こえました。

DSCF4308.JPG

DSCF4311.JPG

その後、市立博物館になっているスフォルツェスコ城へ。まあ、こんなところへくると自然に頭の中は「ドラクエ」のBGM(笑)

やはり警戒態勢なのかあちこちで小銃を持った軍人を見ました。こちらはそのほうが安心ではあるのだけど。

DSC_0100.JPG

夜は、今回の旅の目的の一つであるスカラ座の蝶々夫人へ。せっかくなので張り込んでチケットをとりました。こちらは、HISのミラノ支店にお願いしました。アマデウスなんかにでてくる個室の前列で最高にいい席でした。まあ、このためにスーツと革靴とコートもっていったのだけど。初日だとそれでも浮くのかな。中には着物姿の日本人のご婦人もいらっしゃいました。この日の指揮の「リッカルド シャイー」は自分が高校生のころ、サイモン ラトルらと並んで若手の星みたいな感じで、チャイコフスキーの第5番がすごく若々しい演奏でよかったという記憶があります。今や彼は巨匠(だけどまだ若手)私は、会社員としては最終ゴールが見えてきました(*_*)

オペラ終了後、ちょっとしたトラブルが。地下鉄48時間切符がなぜか反応してくれず、駅員もいないので、やむなく自動機で一番安い切符を買おうとして、ちょっとまごついたところ横から手が伸び、ボタンを…

はい、買ってあげたから1ユーロです。まあ、今回はスリにもあわず、被害といったらこの1ユーロぐらいなのですが、ちょっと悔しい。

翌日は8時すぎの列車でベネチアへ

(続く) 


大人の休日倶楽部パスで行く北海道の旅 [旅行]

昨年「大人」になったので、JR東日本の大人の休日倶楽部(ミドル)に入会しました(笑) これに入ると年に3回特定の日に大人の休日倶楽部パスが発行されます。1月終わりから2月にかけてはじめて大人の休日倶楽部バス(東日本、北海道)を購入、2万5千円で5日間JR東日本エリアと北海有エリアが新幹線をふくめ乗り放題、指定席も6回利用可能というすぐれものなのです。

で、時刻表とにらめっこ。1日目は、はやぶさ1号に乗車。新青森でもうすく廃止となるスーパー白鳥に乗り継ぎ、函館からスーパー北斗に乗り継ぎ、札幌からオホーツク7号で23時すぎ網走へ。私は決して乗り鉄ではないので、すき好んでこんな日程にしたわけではないです。

DSC_0019_R.jpg

で、翌日は7時前の釧網線始発の普通列車に乗り込みます。4時間弱の普通列車の旅、今回初めて明るい時に乗ったので、沿線で無数のエゾシカを見ました。幸い列車と勝負する奴はいませんでした。流氷はまだ早いみたい。

釧路に到着後、レンタカーを借りていつもの阿寒国際ツルセンターへ。

DSC_0013_R.jpg

新しい200-500はなかなかシャープです。

DSC_0472_R.jpg

DSC_0642_R.jpg

そろそろ繁殖期でしょうか。

DSC_0120_R.jpg

そして、お待ちかね、14時のおさかなタイムです。オオワシも来ました。自分はなぜか来るたびみてますが、見れない人も多いみたい。

DSC_0177_R.jpg

この日オジロワシは10羽以上参戦のようでした。

DSC_0261_R.jpg

怖い顔!

DSC_0485_R.jpg

その後鶴居村に移り、菊池牧場で夕鶴ねらい。なかなか思うところに飛んでくれません。

DSC_0594_R.jpg

DSC_0595_R.jpg

翌朝は4時起きで音羽橋のタンチョウのねぐらポイントへ。まだ暗いうちに到着したにもかかわらず、橋の上には三脚がびっしり...左側の空いているポイントにはいりましたが、やっぱりブッシュが邪魔です。しかし、はじめて「けあらし」の中の幻想的な風景を撮ることができました。腕はまだまだですけど。

DSC_0062_R.jpg

9時ごろ引上げ、レンタカーを返して駅に行くと、SL冬の湿原号が。

もっとゆっくりしたいところでしたね。

その日は、午後から特急に乗り、途中南千歳で乗り換え、函館どまりでした。函館にはかつての職場の釣り仲間が単身赴任でいたので、「屋台村」で結構遅くまで飲みすぎでした。

いい切符だけど、道東にいくにはつらいと感じました(笑)


30年振り!余市 ニッカウイスキー工場と積丹半島  [旅行]

NHKオンデマンドで一気見して、すっかり「マッサン」にはまってしまいました(笑)

で、札幌出張の翌日に有給とって、余市、積丹観光バスツアーへ。8時半に札幌出発、ランチ付で7800円とリーズナブルです。

DSC_9832.JPG

乗車後2時間くらいで余市、ニッカウヰスキー工場へ。ここへくるのは30年ぶり。学生時代オートバイで回っていた時寄りました。もちろん試飲はせず、おみやげを少々(笑)

DSC_9843.JPG

ポットスチル…ついテレビで感化されてしまいました。

DSC_9846.JPG

懐かしいポスターです。亡き母は越路吹雪さんが大好きでした。

DSC_9848.JPG

実は、レンズをドナドナしようか迷っていて、今回確認のため持ち出しました。Nikon16-35F4VRというレンズです。使いやすく、色のりもいいと思っているのですが、ネットや雑誌のテストでは結構たたかれてます。私も、特に解放での四隅が甘いとは思っているのですが…やっぱりこのように引けない室内でのVRの威力は抜群です。やっぱりドナドナは当面見送り。

DSC_9853.JPG

なんかテレビみたような。

余市工場限定ウヰスキーなど購入し、バスは積丹半島へ。

DSC_9865.JPG

積丹は、オートバイ旅行のときにたまたま村のお祭りであったのがきっかけで、ユースホステルに居候としてそのまま居ついてしまった思い出の場所です。2週間以上いたと思います。いろいろな仲間たちとの交流もありました。みんな今どうしているのだろう。

DSC_9879.JPG

エゾカンゾウ…らしいです。花はちょっと(;^ω^)

DSC_9905.JPG

これは…きれいでした(;^ω^)

DSC_9895.JPG

居候していた時は、この下の海岸で泳ぎました。とても透明度が高く、足が届きそうなのでおろそうとすると、とんでもなく深かったという記憶があります。

DSC_9908.JPG

で、昼食へ。「お一人様」というテーブルヘ(笑)

おひとり様は4人でした。

DSC_9912.JPG

昼食のあとは神威岬へ。昔は手前の余別の集落から1時間以上歩いていったのだけど、今は岬にかなり近いところに駐車場があります。

DSC_9923.JPG

DSC_9945.JPG

ゆっくり写真とりながら30分くらいで岬の先端にある灯台へ。

DSC_9947.JPG

先端から見える神威岩。

DSC_9956.JPG

望遠でアップに

DSC_9962.JPG

生憎の天気ですが、海はきれいです。

DSC_9970.JPG

水無の立岩と念仏トンネル。30年前も尾根沿いの道は整備されてましたが、景色は海岸沿いのほうがいいです。海中に立っている大きな岩が水無の立岩で、その横にある穴が念仏トンネルです。素掘りのトンネルで、トンネルの真ん中で90度クランクしています。両側から掘り進めたけど、合わなくで真横にほってつなげたという説があります。なので、中にはいると真っ暗でした。トンネル出口で見る水無の立岩はよく絵葉書とかになってますね。

DSC_9989.JPG

駐車場に戻るとキタキツネが。足にけがもしているみたいですが…だめだといってもエサをあげてしまう人がいるようです。 


伊根の舟屋 [旅行]

2月11日

小倉から帰って中1日で、豊岡に出張。せっかく豊岡に行くのなら宿泊は2駅先の城崎温泉に泊まりたかったところであるが、空出張疑惑…はないものの、最近は出張に行って温泉の領収書はいかがなものか的な雰囲気があるので、泣く泣く豊岡市内のビジネスホテルで。

翌日11日は祝日なので、一度行きたかった伊根へ。

豊岡5時55分発の北近畿タンゴ鉄道西舞鶴行に乗り込みます。

P1010524.JPG

途中の網野駅で下車。ここから、間人経由峰山行のバスに乗ります。

間人は、間人ガニで有名ですが、国盗り的には京都の主がいるところです。

峰山から再び北近畿タンゴ鉄道に乗車。天の橋立駅へ。

天の橋立駅から再びバスで伊根湾めぐり遊覧船乗り場をめざします。

P1010536.JPG

遊覧船は00分、30分に出ていますが、このバスが着くのは28分。間に合うのかと思ったら、運転手さんが途中で遊覧船乗船希望を聞き、無線で連絡していました。

P1010584.JPG

P1010591.JPG

P1010611.JPG

家のガレージが船着き場、庭先からクロダイが釣れそうです。憧れの住居。

P1010649.JPG

下船したあと、町をちょっと散策。ほんとに庭先に船ってかんじです。

P1010653.JPG

観光マップ。

P1010656.JPG

天の橋立に戻って、ランチはカニ販売所の日替わり海鮮丼でした。


北九州マラソン…には出走できなかったので萩観光 [旅行]

2月8日

この日は北九州マラソンなのですが、10月頃から持病の自己免疫性肝炎がリバウンド。ずっと経過がよかったので、ブレドニゾロンを1日3㎜gから2㎜gに減らしたのがよくなかったみたい。もう、ASTなどは平常値に戻っているのだけど、ブレドニゾロンは1日20㎜gだし、ずっと練習もしてないので、さすがに棄権。ただ、再発が発覚する前に旅割でとっていたので、前から行きたかった萩観光へ。

DSC_8074.JPG

小倉からレンタカーを借ります。なんと新車のノートが1日3500円でした。で、下関から日本海側を北上。光芒がいい感じだったので、長門市の手前あたりで撮影。

DSC_8093.JPG

お昼は道の駅萩・さんさん三見で地魚の定食。鯛がおいしかった。

DSC_8101.JPG

初めて訪れた萩ですが、さすがに風情があります。司馬遼太郎オタですから(笑)

DSC_8106.JPG

高杉晋作の生家らしい。100円払って中も入りました。

DSC_8111.JPG

こちらは庭です。

DSC_8125.JPG

大河ドラマの舞台となるとあって、町をあげてプロモーション中です。

DSC_8137.JPG

最後に松下村塾跡です。私は、村田蔵六(大村益次郎)オタなので、鋳銭司村にいきたかったのですが、今回は時間なく、次回訪問を期待。


本年もよろしくお願いいたします [旅行]

せめて1月中に…ってあと2時間ほどですが(汗)

本年もよろしくお願いいたします。

1月最初の出張は関西。現在国盗りその他で行った地の写真でフォトブックを作っています。都道府県から2枚づつ写真選んでつくろう…ただし、スマホじゃなくてデジカメで撮った写真って制限つけたら、大阪とか奈良の写真がなかったので、自費で1泊とまって、土曜日に撮ってきました。

P1010205_R.JPG 

淀屋橋からの夜景です。

P1010215_R.JPG

大阪城のライトアップ

P1010227_R.JPG

はやりのプロジェクションマッピングは近すぎてちょっと(^^;

P1010261_R.JPG

翌朝は姫路城へ。今が外装塗りたて

P1010380_R.JPG

奈良ではやはり鹿がお出迎えです。


秋の小淵沢 [旅行]

11月2日

再び一週間遅れネタ(笑)

先週、大学時代のサークル同期会で小淵沢にいってきました。

DSC_7554_R.jpg

宿に行く前に白州を見学。

DSC_7605_R.jpg

73年はこの醸造所ができたときの酒のようですね。みんな試飲が楽しみなんだけど、私は先月の検査で肝機能の数値が5年ぶりにリバウンド。5月にステロイドの量を減らしたのがいけなかったようだ。この前の検査で正常値に戻ったのだけど、しばらくは禁酒かな。

DSC_7623_R.jpg

DSC_7619_R.jpg

夜は、ペンションの裏庭で天体写真。古いマニュアルフォーカスの28ミリのほうがピント合ってるみたい。

DSC_7562_R.jpg

DSC_7653_R.jpg

紅葉まっさかりでした。


奥入瀬渓流 [旅行]

10月19日

また一週間遅れになってしまいましたが、10月13日体育の日に奥入瀬渓流に行ってきました。

といっても、14日からの青森出張の前乗りですが、八戸からレンタカーを借りて青森市内まで。

一旦十和田湖畔の子ノ口まで車で行って、そこで車を止めて渓流沿いの遊歩道を石ヶ戸まで10キロぐらいを写真撮りながら3時間半ほどかけて

DSC_7461_R.jpg

DSC_7468_R.jpg

DSC_7473_R.jpg

DSC_7536_R.jpg

黄色くなった葉はよくみたのだけど、もみじはまだ緑色で一週間早かったかなという感じです。その分それほど混んでなくてよかったかも。

結構台湾などから来ている方も多かったです。


メッセージを送る