So-net無料ブログ作成
検索選択
内部監査士資格受験 ブログトップ

公認内部監査人試験 パート4 [内部監査士資格受験]

ということで、5月15日最後に残った公認内部監査人試験のパート4を受験し、合格した。結局通信講座開始から実質1年かかってしまった。ただ、たぶん集中すれば3ヶ月程度で合格することは可能だろう。

今回10時の予約だったが、10分前にいくとすでに5人ぐらい並んでいた。パート1の受験者が多かったが女性2人はパート3の受験のようだった。パート4の受験というと、必ずしもその前がすべて受かっているということではないのだが、なんとなく優越感を感じてしまう。

実質パート3、パート4が1回目、パート1、2が2回目の受験で合格だったが、パート4は時間切れの受験放棄があるので、7回分の受験費用を払った。まあそれでもいいほうなのかな?不思議なもので、落ちている間は受かる気が全然しなくなるのだけど、一旦受かりだすと落ちることなく最後まで行くことができた。まあ、受験前から自分へのご褒美を考えているようではだめということだろう。

今回は、盛大に自分へのご褒美をしたかったところであるが、金欠と所用がかさなりとりあえずエキデン2010でベルトが壊れたランニング用の時計を新調することにとどまった。


公認内部監査人試験  [内部監査士資格受験]

本日4月11日公認内部監査試験のパート2を受験し、合格した。これで残るは、昨年時間切れで受験できなかったパート4だけとなった。パート4は、研修を受講するともらえる資格で受験免除となるため、どうしても必要ならその方法で資格取得は確実となった。ただし、結構お金がかかるし、私にとっては不必要な資格なので、あくまでも試験合格を目指す予定である。

今回のパート2は、昨年10月にうけたときより非常に難しく感じた。昨年10月にうけた時は過去問からかなり出題されており、自分では合格したつもり(たぶん、1、2問の差で不合格だったと思われる)だったが、今回は私が持っている過去問からの出題は4,5問程度と感じた。試験も、いつもは1時間以上残して退席するところが、今回は30分以下の残り時間だった。

CIA試験は、問題をよく読むことで、日本語と常識があれば2つぐらいに答えを絞れる問題が多い。パート1とパート2の1回目の失敗は、早く終わらせたくて、問題をよく読まなかったことと、見直しをまったくしなかったことだろう。今回も見直しで4箇所ぐらい訂正した。もしかしたら最後にこれが効いていたのかもしれない。

先週は、佐賀福岡 いったん帰って日帰り静岡。今週は、岩手(泊)名古屋(泊)である。岩手花巻空港から中部国際空港というマイナー空路をいくので少したのしみである。

内部監査人試験 パート3 [内部監査士資格受験]

10月31日の内部監査人試験パート3、なんと合格してしまった。合格してしまったというのは、これまで受けたパート1、パート2がそれなり勉強して臨んだにもかかわらず、(パート2は結構惜しかったとは思われるが)落ちる一方、今回のパート3が、受験申込の際よく確認してなかったせいで、パート4まですべて一気に申し込んでしまい、その有効期限が申込から6カ月で、この11月4日までの期限となっていたため、パート2を受験した10月18日以降2週間ぐらいでどろなわで勉強したからだ。2週間といっても、土日は会社の行事でほとんどとられてしまったので、実質平日の電車の往復ぐらいだった。

一般的には、パート3、4が難しいといわれており、意外かもれないが、パート3で難しいのは財務とITで、財務は監査人に必要なくらいの知識はあるし、ITも大がかりなシステムの導入企画などもやっていたので、むしろ監査計画や監査の在り方を問われるパート1やパート2よりとっつくやすかったせいもある。

また、前2回の試験を経て、出題のくせがわかりかけてきたこと、また当日は試験終了後予定があり、「終わったら遊んでやろう」という煩悩がはたらかなかったことも原因かもしれない。

パート4はさすがに勉強なしで受けるわけにもいかなかったので権利放棄。今後パート1、パート4、パート2の順に挑戦かな。

公認内部監査人試験 [内部監査士資格受験]

本日(7月11日)公認内部監査人の試験を受験してきた。結果からいえば日頃の精進がたりず不合格。パソコンで、終了確認のボタンを押した瞬間、バグのように一瞬「不合格」の文字が見え、うそであってほしいと念じつつ、簡易結果のプリントアウトした紙をみると、一瞬画面にでたものそのものだった。スコアは564点。あとで確認すると600以上が合格ということで、結果の紙には1分野を除いて「一層の努力を要する」とあったので打ちひしがれていたけども、いわれるほどひどくはないような気がする。でも3か月当該科目をうけられないこと、追加費用が惜しい。成果としては、過去問だけではきびしく、規定類がきっちり頭の中に整理できていないといけないということ。それがわかったことでよしとしよう。とりあえず3か月はパート1が受験できないので、パート2を勉強しながら復習していく必要があるかな。協会の人にまで受けることを広言していたのでちょっとはずかしい。

内部監査士講座 [内部監査士資格受験]

内部監査士資格受験講座のガイダンスを聞きにTAC八重洲校にいってきた。これを聞くと1万円の入学金免除だそうだ。財務とITが肝らしい。資格としては、まだ比較的やさしく、とはいえ、これのみで食っていける資格ではないと当然のことだがいっていた。なお、資格取得後の2年間80単位で結構きついんではないの。一応今度資格者向けの講師やる身としてそんなこといっていてはいけないのだが。
過去問の抜粋をおまけでもらった。なんとほとんど常識でとけるではないか。といっても、自分の性格からしてなにかのペースメーカーは必要だろうけど。
とりあえず19万5千円ははらった。4か月を目標に資格を取得しよう。講師やってから資格めざすのもどうかと思うが。
タグ:内部監査士
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
内部監査士資格受験 ブログトップ
メッセージを送る