So-net無料ブログ作成

谷津干潟再訪と猛禽類カフェ [写真]

11月28日

天気がいいので、また谷津干潟にでかけました。

DSC_2310_R.jpg

しばらく待つと、ヨシにとまるカワセミ君。

DSC_2322_R.jpg

手前の杭にとまりましたが、この時間日陰なんですね。

DSC_2356_R.jpg

これはオナガでしょうか。鳥類図鑑が欲しくなってきました。

DSC_2373_R.jpg

サギの捕食シーン

DSC_2374_R.jpg

DSC_2375_R.jpg

DSC_2376_R.jpg

失敗したようです。

DSC_2395_R.jpg

これは、キンクロハラジロ?スズガモ?それとも全然違う…(汗)

DSC_2460_R.jpg

ウミウ…じゃないかな(^^;

DSC_2509_R.jpg

DSC_2568_R.jpg

DSC_2570_R.jpg

DSC_2573_R.jpg

今回は、シャッター速度を1000分の1以上にしたので、歩留まりはあがりました。しかし、横に飛ぶのはピントが合いやすいのですが、手前や奥に飛ぶとお手上げですね。うまい人は予測して「置きピン」しているのでしょうけど。

DSC_2517_R.jpg

水面に映っているところがお気に入りです。

翌29日は、知人の出演するコンサートが浅草であったので、終了後スカイツリー近くの猛禽類カフェ「鷹の目」さんに行ってきました。ここは、国盗りの「クニフダ」がもらえるお店でもあります。

DSC_2676_R.jpg

ラブリーなメンフクロウ

DSC_2681_R.jpg

変顔?

DSC_2682_R.jpg

こんなにかっこいいのです。

DSC_2707_R.jpg

そばで飛んでいると大迫力。しかし、近すぎて90%がピンボケであることは秘密です(笑)

DSC_2716_R.jpg

着地…オレの場所に留まるんじゃない!

DSC_2811_R.jpg

腕に鷹を止めて、頭の上に1羽なんてやってもらいました。ここは、猛禽類に触ってみたい人にはおすすめです。写真だけや外から眺めているだけでもOK。


谷津干潟にて [写真]

秋の思い出すっとばして冬の思い出に行くところでした(汗)

このところ、放送大学の修論作成に土日は基本図書館か家で…尤も、1行書いてはコーヒー入れたりお菓子食べたりで、駄目人間丸出しだったのですが、ようやくとりあえず書き上げたので、久々お散歩に。

無事修了できたら、自分へのご褒美と思っていたレンズが、たまたま寄ったお店で、「在庫?あるよ」って言われて思わず…こういうこといだけは早いのです。5か月待ちとかっていわれていたものですから。

で、鳥撮り挑戦に谷津干潟へ。

DSC_2048_R.jpg

観察小屋から覗くと、人生初カワセミ!ちょっとトリミングしましたが、優秀なレンズです。

DSC_2023_R.jpg

DSC_2025_R.jpg

飛んでるところは…なんとか見られるのはこれぐらい。伸ばすとブレているのははっきり(´・ω・`)

始めてだったので、また修行します。この日はオオタカもいたらしい。

DSC_2142_R.jpg

図鑑を見たらオオバンっぽいかなと思ったのだけど。タウナギのようなものを食べてます。

DSC_2143_R.jpg

でかすぎて呑み込めず落としたみたい。

DSC_2174_R.jpg

干潟にはサギですね。これ以上のことはわかりません(笑)

近くなので、また行ってみようと思います。


メッセージを送る