So-net無料ブログ作成
検索選択

大人の休日倶楽部パスで行く北海道の旅 [旅行]

昨年「大人」になったので、JR東日本の大人の休日倶楽部(ミドル)に入会しました(笑) これに入ると年に3回特定の日に大人の休日倶楽部パスが発行されます。1月終わりから2月にかけてはじめて大人の休日倶楽部バス(東日本、北海道)を購入、2万5千円で5日間JR東日本エリアと北海有エリアが新幹線をふくめ乗り放題、指定席も6回利用可能というすぐれものなのです。

で、時刻表とにらめっこ。1日目は、はやぶさ1号に乗車。新青森でもうすく廃止となるスーパー白鳥に乗り継ぎ、函館からスーパー北斗に乗り継ぎ、札幌からオホーツク7号で23時すぎ網走へ。私は決して乗り鉄ではないので、すき好んでこんな日程にしたわけではないです。

DSC_0019_R.jpg

で、翌日は7時前の釧網線始発の普通列車に乗り込みます。4時間弱の普通列車の旅、今回初めて明るい時に乗ったので、沿線で無数のエゾシカを見ました。幸い列車と勝負する奴はいませんでした。流氷はまだ早いみたい。

釧路に到着後、レンタカーを借りていつもの阿寒国際ツルセンターへ。

DSC_0013_R.jpg

新しい200-500はなかなかシャープです。

DSC_0472_R.jpg

DSC_0642_R.jpg

そろそろ繁殖期でしょうか。

DSC_0120_R.jpg

そして、お待ちかね、14時のおさかなタイムです。オオワシも来ました。自分はなぜか来るたびみてますが、見れない人も多いみたい。

DSC_0177_R.jpg

この日オジロワシは10羽以上参戦のようでした。

DSC_0261_R.jpg

怖い顔!

DSC_0485_R.jpg

その後鶴居村に移り、菊池牧場で夕鶴ねらい。なかなか思うところに飛んでくれません。

DSC_0594_R.jpg

DSC_0595_R.jpg

翌朝は4時起きで音羽橋のタンチョウのねぐらポイントへ。まだ暗いうちに到着したにもかかわらず、橋の上には三脚がびっしり...左側の空いているポイントにはいりましたが、やっぱりブッシュが邪魔です。しかし、はじめて「けあらし」の中の幻想的な風景を撮ることができました。腕はまだまだですけど。

DSC_0062_R.jpg

9時ごろ引上げ、レンタカーを返して駅に行くと、SL冬の湿原号が。

もっとゆっくりしたいところでしたね。

その日は、午後から特急に乗り、途中南千歳で乗り換え、函館どまりでした。函館にはかつての職場の釣り仲間が単身赴任でいたので、「屋台村」で結構遅くまで飲みすぎでした。

いい切符だけど、道東にいくにはつらいと感じました(笑)


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る